読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匂い

Aちゃん「先生!私の体操ズボンがなくなってしまいました!」 私「誰かが間違えてカバンに入れちゃったかもしれないね。近くの人のカバンの中を見てみましょうか。B君、カバンの中を見せてもらいますよ。…ズボンが2つありますね。片方は名前なし。Aちゃんの…

お口は…

清掃中のこと。A君に言いました。 私「お口はミッフィーだよ。」 A君「えっ?お口はバファリンだよ。」 私「!?」

日常の切れ端5

教師の語りは大切です。ある日の語りで。私「先生は君たちがかわいいと思うから叱るんだよ。」A君「僕たちがかっこよかったら?」先生「うーん…そう返ってくるとは思わなかった」

日常の切れ端4

2年生を担任しています。私「明日は先生が出張でいません。」Aちゃん「出張ってなに?」Bちゃん「寝ないで仕事をすることだよ。」私「うん、それは夜勤だね。」私がいなくても、わりによく動いていたようです。

うちの男子は草食系か

休み時間のことでした。女子に、こてんぱんに言い負かされた、わりとやんちゃな男子が私のところに近寄ってきました。A男「先生!このクラスは女子に支配されてます!!」その男子が言う通り、我がクラスは女子が強いです。増長していると言った方がいいのか…

年賀状が届いて

子供からきた年賀状。 「今年も勉強や運動をがんばりましょう!」 うん…私ががんばるのか? そうかー。 毎年、1人は同じようなコメントを書いてきます。わりと、よく見かけるミスですね。

放課後の校庭

今日の放課後、戸締りのために校庭に出ると、1人の男の子が近づいてきました。 私のクラスの子供でした。見ると、グローブとボールを持っていました。 二言、三言、交わしたのち、自然とキャッチボールが始まりました。 中学に入ったら野球部に入ると言って…

日常の切れ端3

A子「私、お父さんみたいな人と結婚したいー」 私「へー、なんで?」 A子「優しいし、一緒に遊んでくれるし、きょろきょろしないから!」 私「きょろきょろしないって?」 A子「よそ見しないってこと。浮気は嫌」 私「ふーん、そんなもんなんだねえ」 A子「…

日常の切れ端2

A男「先生、Bちゃんが差別するー!」 私「どういうこと?」 A男「僕がBちゃんの顔に(10cmぐらい)近づいたら、気持ち悪いって言ってきたのに、嵐の櫻井翔くんだったら別にいいんだってー」 私「それは諦めるしかないな・・・」

ある6年生との会話

1年生のお世話をしている6年生と。私「君らも5年前はこんなに小さかったんだよー」6年生「いやー、全然、覚えてないです。1年生のころの記憶も全然ないなあ」私「じゃあ、1年生のときの国語の教科書に載っていた作品で、覚えているのはないの?」6年生「…

録音を聞いて 3

小学5年算数 「倍数と約数」 目標:偶数と奇数の意味を理解する。(シンプルだ!) 以下、反省点 ・すべて丁寧語で話す。 ・余計なざわざわはいらない。 ・反応できた人を褒める。 ・すべてのつぶやきを拾う必要はないだろう。 ・本時ははじめの課題も、授業…

日常の切れ端

今日の昼休みの出来事。 女子が4人ぐらい、男子が2人ぐらいで王様ゲームをしていた。 じゃんけんをする。 王様になった女の子が一言。 「2番の人が4番の人に壁ドン!」 「げー!!」 なんと両方とも男子。 あらら。 同じく休み時間の会話。 A男「昨日、…