読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

指導案検討再考

研修の秋です。本校の学年部も再来週に行われる研究授業に向けて頑張っております。同じ学年部の中堅の先生が授業をしてくださいます。 研究授業のためには指導案が必要です。そして、指導案を検討する指導案検討の時間が設けられます。 私はこの指導案検討…

単元を貫く言語活動

TOSS主催による日本教育技術学会に行ってきました。 静岡に訪れるのは大学時代以来2回目です。あいにくの雨で、富士山を拝めず、残念。 学会(とTOSSの方々はおっしゃっていた)では、初めて肉眼で向山先生を見ることができたので、それだけで満足です。 向…

日常の切れ端3

A子「私、お父さんみたいな人と結婚したいー」 私「へー、なんで?」 A子「優しいし、一緒に遊んでくれるし、きょろきょろしないから!」 私「きょろきょろしないって?」 A子「よそ見しないってこと。浮気は嫌」 私「ふーん、そんなもんなんだねえ」 A子「…

朝の会のメニュー

学校には、他のクラスが何をやっているのかがよく分からない時間帯があります。その1つが朝の会です。 特に学校で統一されているわけでもなし、朝の会の内容は教師ごとにまちまちです。 私のクラスでは ・新出漢字の読みのフラッシュカード ・挨拶 ・歌(リ…

日常の切れ端2

A男「先生、Bちゃんが差別するー!」 私「どういうこと?」 A男「僕がBちゃんの顔に(10cmぐらい)近づいたら、気持ち悪いって言ってきたのに、嵐の櫻井翔くんだったら別にいいんだってー」 私「それは諦めるしかないな・・・」

ある6年生との会話

1年生のお世話をしている6年生と。私「君らも5年前はこんなに小さかったんだよー」6年生「いやー、全然、覚えてないです。1年生のころの記憶も全然ないなあ」私「じゃあ、1年生のときの国語の教科書に載っていた作品で、覚えているのはないの?」6年生「…

筑波大附属小の田中博史先生の授業実践講座感想

横浜で行われた田中先生のセミナーに参加してきました。 田中先生と言えば、日本のみならず、世界の算数教育界を引っ張っておられる先生です。 田中先生の講座の中で、特に印象に残った2点を取り上げます。 ➀数学の世界で大切にすることは「同じことに気付…

公開授業3

先日も算数で公開授業をしました。学年の先生方に加えて校長・教頭・主幹の先生方が見に来てくださいました。ありがたいことです。 授業後、校長先生に言われたことで特に印象に残っているのは次の2点。 ➀まだしゃべりすぎ。発問は導入・展開・まとめに1回…

公開授業2

いやー、大失敗をしました。見事に這い回る授業をしてしまいました。 全員参加の授業などまるでできず。残念無念。授業後、その場にしゃがみこみたくなりました。 放課後、校長先生より御指導が。 前回以上に熱っぽく御指導をくださったのが印象に残りました…

読書の秋

子供たちは毎日、頑張って椋鳩十作品を読んでいます。『大造じいさんとがん』の並行読書のためです。 一方で、好きな本を読む時間もとってあげたい。その際、今までと同じような種類の本ばかりを手に取ってほしくないなと思っています。もっと読書の範囲を広…

学校は個人を育てるところ

1つ上の学年に、長縄に燃えているクラスがあります。 3分で400回、500回を目指しているそうです。 周りの、とりわけ若い先生方はそのクラスを凄いと言って尊敬しています。 私は、何か違うよな、という気がします。 ひとつのことに燃えるのは悪いこ…

録音を聞いて 3

小学5年算数 「倍数と約数」 目標:偶数と奇数の意味を理解する。(シンプルだ!) 以下、反省点 ・すべて丁寧語で話す。 ・余計なざわざわはいらない。 ・反応できた人を褒める。 ・すべてのつぶやきを拾う必要はないだろう。 ・本時ははじめの課題も、授業…

学校の簡略化

講談社現代新書『日本を滅ぼす教育論議』(岡本 薫)という本があります。 その中の一節を引用します。 “そこで教育行政当局は、その選択の良し悪しはさておき、(中略)いわゆる「教育内容の3割削減」を行った。しかし実は、これと並行して「授業時数」の…

録音を聞いて 2

小学5年・算数「倍数と約数」 目標:公約数と最大公約数の求め方を理解する。 ・教師の簡単な発問(問いかけ)には、必ず反応させる。 ・発問や指示の時は、少しゆっくりめ、はっきりめに言う。 ・いらない説明がある。 ・二度繰り返す説明があってもよいが…

教育雑誌

教育雑誌を数冊、購読しています。 その中の一冊、『社会科教育』が手ごわい。 マニアックだと思うんですね。今月号の特集も、果たして小学校の教員にどこまで必要なのか。 同じ明治図書から出ている雑誌でも『国語教育』は読みやすいです。 読みやすさ云々…

公開授業 1

100本の研究授業をして、初めて教師のスタートラインに立てると言ったのは誰であったか。向山洋一氏がそのようなことを言っていた気もしますが、定かではありません。 全校を代表するような研究授業をすることは1年に1回できるかどうか。ですが、学年の…

録音を聞いて 1

今日は算数の授業を録音。 ・指示は二度繰り返していることが多い。 ・やたら早口。 ・子供を見る目が弱い。机間指導の目的は? ・説明が長い。指示と発問を組み入れて説明をするべき。 ・楽しくなさそう。声のテンションが低い。 ・フォローが少ない。 ・け…

日常の切れ端

今日の昼休みの出来事。 女子が4人ぐらい、男子が2人ぐらいで王様ゲームをしていた。 じゃんけんをする。 王様になった女の子が一言。 「2番の人が4番の人に壁ドン!」 「げー!!」 なんと両方とも男子。 あらら。 同じく休み時間の会話。 A男「昨日、…

今の問題点

とりあえずざっくばらんに。 ・なんとなく授業の感覚が戻っていない。 ・7月までに比べて発表に消極的。 ・子供の反応が弱い。 ・挨拶の声が小さい。 ・返事の声が小さい。 ・放課後の靴箱が汚い。 ・礼の仕方がばらばら ・1人1人が目標をもっていない。 …

読み聞かせ第2段階

私は帰りの会で読み聞かせをしています。というより、読み聞かせしかメニューがありません。 1学期の間は絵本が中心でした。 ですが、子供たちは高学年。絵本も素晴らしいのですが、絵を見せない普通の読み聞かせに移っていこうと思いました。実は高学年向き…

黄金とシルバー

以前の記事に、4月の出会いを黄金の3日間と呼ぶならば、夏休み明けはシルバーの3日間と言うと書きました。 新学期が始まってはやくも3日。 だいぶクラスの子供たちは夏休み前の規律を取り戻してきたように思われます。あとは声の張り。挨拶や歌、返事、…

いよいよ再始動

明日から2学期が始まります。うーん、怖いよー!久しぶりの授業です。上手く統率できるだろうか…。まあ、腹をくくるしかないのですが。夏休みは予定していた仕事の8割から9割を片付けることができました。点数にするなら、80点ぐらいはあげられる夏休みだ…

成功は復讐する

私は教師1年目のとき、学級崩壊を起こしました。 今でもときどき思い出して、つらい気持ちになります。あの1年は、本当にしんどかった。 このブログを読んでくださっている中にも、当時の自分と同じく、教師1年目で学級がうまくいっていない方がいらっしゃる…

シルバーの3日間

教師の世界では、子供との最初の出会いを、俗に黄金の3日間と言います。4月の3日間はどんな荒くれ者が集まったクラスも言うことをしっかりと聞く。だからその3日間でどれだけクラスを統率できるかが勝負…。それに対して、シルバー(白銀)の3日間があります。…

外国でやること

外国にいるとき。大したことをしていません。ホテルの周辺を適当にぶらぶらして、カフェでお茶をして、お腹がすいたらご飯を食べる。日本にいるとき以上に自堕落で、毎日8時過ぎまで寝ています。でも、それが楽しいのだからいいと思っています。海外に出て…

面接

採用試験の面接で聞かれました。今のクラスの良いところと課題だと思っているところは?思わず悩んでしまいました。課題は山のように見つかるんですが、良いところとなると、うーん。夏休みの間、ひたすら考えていたのは、今の学級の改善点でした。良い点を…

今年の採用試験

今年は2つの地域の試験を受けました。毎年のことになりつつあり、いつも思うのですが、夏の暑い日に、職場の他の方々は休んでいる中受けねばならない試験というのは、それだけで精神的にきついものがあります。なんで自分はまだここにいるんだろう、という思…

夏の失敗

教師(講師)になって思うのは、夏休みがとても貴重だということです。 日々の生活では忙しくて十分にできないことも、この期間ならできます。本を読む。研究会に行く。教材研究をする。 今年の夏は人生で一番忙しい夏休みだったかもしれません。 予定が入っ…

今の国語の授業スタイル

モジュール的に授業をしています。 最初の5分は漢字、次の5分は辞書引き、そして音読、残った時間で読解。 モジュール的な授業スタイルは賛否両論ありますね。ただ、ものは試し、というほど軽いわけではないのですが、けっこう効果的なんじゃないかと考え…

教師も教えて褒めるべき

今年は3年目。たぶん、これまでで最も緊張と不安を感じながら始業式を迎えました。 初めての高学年であることと、去年・一昨年の失敗を防ごうという気持ちがそうさせたのだと思います。 学級が荒れた一昨年。何を大切にして黄金の3日間を過ごせばよいかが…

学力テストを解く

今年も行われました、全国学力・学習状況調査、通称学力テスト。本校の児童も頑張って解いていました。 私もさっそく問題を入手して、解いてみました。 毎年思いますが、難しい! 特に国語のB問題は大人でも解けるかどうか。 教師としていつも気になるのは次…

笑い・スピード・清潔感

2年間の拙い経験から考えるに、「笑い・スピード・清潔感」、この3つが欠けたクラスは学級崩壊になると思います。 1つでも欠けていたら黄色信号。 2つ欠けたら、いつ崩壊してもおかしくないのではないでしょうか。 去年の隣のクラスは清潔感とスピードは…

3年目の目標

新しい学級が発表されました。 私は初の高学年担任となりました。 発表が3月25日。そこから始業式の4月6日までの12日間が勝負でした。 目指す学級像を学校経営目標とすり合わせながら決定し、目指す子供像、目指す授業像なども形にしました。教科書が…

今年の学級を振り返り

良かった点 ・落ち着いたクラスであった。 悪かった点 ・もっと力をつけることができた。 これにつきると思います。 もっと上を目指せたはずでした。 もっと自分の意見を伝えあうクラスになったはず。 もっと自立したクラスになったはず。 もっと学力が高い…

最後の日に

やるべきことがいくつもあった最終日。こなさなければいけない雑務に追われ、しんみりとした別れを演出できませんでした。来年度の反省です。 最後の10分間で、通信表とは別に、メッセージを書いた色紙を1人ひとりに渡しました。 形あるものを一つぐらい…

将棋に思う

今日は将棋・電王戦の日でした。毎年、楽しみにしているイベントです。人間VSコンピュータというロマンあふれる戦いが見られます。これまでコンピュータが大きく人間を勝ち越していますが、今年は果たして。 さて、本ブログは小学校教師のブログですので、教…

めぐり来て3月

いよいよ今年度も残りわずかとなりました。早いものです。今の子供たちと過ごせるのもあと5日。ほんのり寂しい時間が流れます。 うちのクラスのわりと元気の良い、ムードメーカー的男の子が、最近よく言います。 「来年もこのクラスがいいなあー。終わらな…

アドバイスを聴きすぎてはいけない

先輩の教員から去年も今年も、たくさんのアドバイスを頂きました。 ありがたいことです。 去年の私は右も左もわからず、ただただ、多くの方から頂く多くのアドバイスを必死に理解し、実行し、考え、再度実行していました。 今振り返ると、愚かなことだったと…

本当に大切なものは何か。

学校現場には大切なことが多すぎる。2年間の経験で得た感想です。 例えば6年生を送る会。今の時期はきっと、全国のどの学校でも取り組んでいることでしょう。6年生にとっては心に残る大切な行事ですし、下級生にとっても大事なことには変わりありません。…

算数のテスト

小学校3年生の算数で山場のひとつになるのが、2けたのかけ算です。 このテスト、今まででダントツに悪かった。 計算ミスが多かったことが原因でした。筆算のアルゴリズムは理解しています。しかし、だいたいどの子もかけ算の筆算をやらせたら、10問中7…

若さで勝負してはいけない

20代の教師は若さで勝負!とはよく聞く言葉です。 かねてより私は、人生は手持ちのカードで勝負すべきという考えをもっており、それは今でも変わりません。が、20代の教師が若さで勝負していては、早晩、学級崩壊を起こすだろうと思います。 なぜか。 若…

学級崩壊からの脱却

これはほぼ不可能でしょう。 昨年度の私の経験と、今年、荒れた学級の様子を見た結論です。 10クラスに1クラスくらいは、6月ごろはぐちゃぐちゃでしたが12月には落ち着きました!なんて例もあるかもしれませんが、まずないでしょう。 たとえは悪いですが、…

学級は目標で決まる

今年度は「落ち着いた学級」を作るための1年でした。4月当初、落ち着いた学級づくり最大の目標に据え、取り組んできました。 しかし、その目標は間違いだったと思っています。 私のクラスは、表面上は落ち着いて勉強をしているに見えますが、けっして学習意…

それは家庭の仕事です

私が嫌いな言葉のひとつに「食育」があります。 先日、本校の給食担当の教員が言いました。 「先生方、ぜひ給食のときに、食べ物や食べ方の話を子供たちにしてみてください。子供たちの食に対する意識を高めていきましょう。」 なんだそれ?と思いました。 …

あと33日

うちのクラスにはカウントダウンカレンダーがあります。修了式まであと何日という、おきまりのやつです。一人ひとりに作らせました。余白にはクラスの思い出も書かせました。 2月2日の時点で、今のクラスでいられるのもあと33日となります。1年目の荒れ…

学力テストの力

正式名称、全国学力・学習状況調査。現場の教員からは、えらく評判が悪いテストです。 私は学力テストが始まってから教師になったくちです。テストが行われる前の現場を知りません。ですが、推測するに、学力テストの前後で、教育界の授業観は大きく様変わり…

読み聞かせ

3学期の始まりから、帰りの会の内容をがらりと変えました。 やることは1つだけ。教師による絵本の読み聞かせです。 これまでは「お知らせ」「いいこと見つけ」「先生の話」をしていましたが、やめました。流れ作業になっていると感じていたからです。「いい…

種をまく

種をまく。 教師になって出会った、「ああ、好きだな、すてきだな」と思える考え方の1つです。 最近、教師は種をまく人なんだなとつくづく感じています。 いつか芽が出てくれーと願いながら、授業をするんです。これができなきゃ小数の掛け算ができないんだ…

ようやく見えてくる

1年間、子供たちと過ごしてきて、ようやく、私のクラス35人の人となりが見えてきた気がします。 この子は目覚ましく優れた頭脳を持っているわけではないけれど、本当に細かいことによく気付くことができるな。チョークの本数が足りなくなりそうなとき、すか…

総合、もうやめようよ・・・。

総合的な学習の時間って本当にやめてほしいですねー。 国語や算数とは違い、教科書があるわけでもなし、教師が言葉通り、0から授業を作るんです。 そんな余力、現場にはありませんよ。だから、けっこうおざなりというか、自転車操業というか、体裁だけ整え…