読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年の学級を振り返り

良かった点

・落ち着いたクラスであった。

 

悪かった点

・もっと力をつけることができた。

 

これにつきると思います。

もっと上を目指せたはずでした。

 

もっと自分の意見を伝えあうクラスになったはず。

もっと自立したクラスになったはず。

もっと学力が高いクラスになったはず。

もっと読書に親しむクラスになったはず。

もっと歌に授業に運動に真剣なクラスになったはず。

 

以前、大前暁政先生の本だったと思うのですが、このような文が書いてあったことを

覚えています。

 

「学級は、子供は、教師がイメージした以上には育たない」

 

私のもっていた学級の理想像がいかに貧弱であったのか。

落ち着いたクラスづくりはゴール地点ではないのだと、今年初めて気がつきました。

落ち着いたクラスづくりは大前提なのです。出発地点です。

今年のクラスを振り返るのならば、出てくる言葉は一言。

 

悔しい。