さくらを見上げて

ことしも生きてさくらを見ています

ひとは生涯に何回ぐらいさくらをみるのかしら…

 

 

この一節で始まる、茨木のり子の詩「さくら」。

 

今となっては昨年度のクラスですが、私手作りの暗唱詩文集で、子供たちは暗唱に取り組んでいました。その詩文集の最後の詩に選んだのが、上の詩です。

 

街はいよいよ桜が満開。

 

そんな桜を見上げながら、つい口に出てくるのは、その詩でした。

 

私のクラスだった子の中には、私と同じように桜を見て、あの詩を思い返している子がいるかもしれません。

 

暗唱とは人生の応援歌だと言う人がいます。その通りです。ふと口をついて出る。そんな言葉に出会わせることも教師ならではの仕事だと思います。

 

さくらふぶきの下を  ふららと歩けば

一瞬  名僧のごとくにわかるのです…

 

まさに名詩。

まさに声に出して読みたい日本語です。