読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の切れ端2

A男「先生、Bちゃんが差別するー!」

 

私「どういうこと?」

 

A男「僕がBちゃんの顔に(10cmぐらい)近づいたら、気持ち悪いって言ってきたのに、嵐の櫻井翔くんだったら別にいいんだってー」

 

私「それは諦めるしかないな・・・」