魔の2月の急所はどこか

魔の2月という言葉があります。

 

私の勤める学校でも様々なクラスで問題が起こっています。万引きやいじめ、不登校、ケガ…中でも学級崩壊をしてしまったクラスへの対応が急務です。

 

このとき、気をつけなければならないことは何でしょうか。

 

子供への指導? 保護者への説明の仕方? 私が考える答えは違います。

 

それは「学級崩壊してしまったクラスの先生への対応」です。

 

学級崩壊をさせてしまったら、その先生の自己肯定感は地に落ちます。そこに新採もベテランも関係ないと思います。「自分はダメな教師だ」と何度も思うことでしょう。

 

上越教育大の赤坂真二先生が次のようにおっしゃっていたことがあります。

 

 

「学級崩壊をさせてしまった先生も、子供からの攻撃にはほとんどの場合、耐えられるんです。そんな先生たちがなぜ辞めてしまったり、休職に追い込まれてしまったりするのか。それは、職員室にいる周りの先生たちの目線が気になるからなんです。目線が気になりだすと、そうすると周りの先生たちのアドバイスを素直に受け入れられなくなる」

 

 

「だからこそ学校を何とかしたいのならば、職員室づくりを意識する必要があるんです」

 

 

「子供のやる気は子供同士の信頼関係に支えられます。子供同士の信頼関係は子供と教師の信頼関係に支えられます。そして子供と教師の信頼関係は教師と教師の信頼関係に支えられます

 

 

「子供たちが荒れていても、職員室が一致団結していれば、荒れは早期に収まりやすいんです。でも職員室の空気が悪いと荒れはいつまでたっても収まらないんです」

 

・・・・・

 

魔の2月にできること。

 

とりわけ周りの先生ができること。

 

それはその渦中にいる先生を叱咤することでも過度なアドバイスをすることでもないのでしょう。もしかすると子供の指導でもないのかもしれません。大切なことはその先生への温かな励ましや労いなのでしょう。

 

できていなければ挨拶だけでもいいのです。それが職場を作るということなのだと思います。

 

今年度も残りわずか。子供も先生も全員が最後を同じメンバーで迎えられることを祈って。

 

泣いても笑っても、あと30日です

久しく更新していませんでした。私は無事です。今年はマメに更新します。

 

今年度、皆さんのクラスはどうでしたか? クラスを持っていない方は、御自身のお仕事はどうでしたか? 点数をつけるなら何点でしょうか?

 

教師という仕事の良いところは、1年間の節目が明確なことです。

 

苦手な人と学年を組んだとしても、1年間で一応、さよならができます。

子供との関係がうまくいかなくても、1年間でリセットできます。

これは教師の仕事のメリットだよなといつも思います。

 

今年、うまくいかなかった人。大丈夫です。それでも来年度はやってきます。

泣いても笑っても、あと30日。30日で今年度は終了です。堪え難きを堪え、忍び難きを忍んできた人も、これでおしまいです。

 

今年の反省を胸に、4月を迎えれば、きっと来年の今頃は笑っていられるはず。

 

だから、あと30日、たったあと30日だけ頑張ってみましょう。

道は開けます。

 

筑波大附小公開研(算数・田中博史先生の授業を参観して)

今年度で定年退職をされる田中博史先生の算数の授業を参観してきました。感想を書きます。


主発問(課題)は「赤の1、2倍が青。この逆は『青の0、8倍が赤』と言っていいの?」でした。赤と青というのは2本の棒グラフをイメージされるとわかりやすいです。片方が赤色、もう片方が青色。青色の方がわずかに長いわけです。

 

さて、今回の授業を参観する際に私はいくつかの観点を決めていました。
それらのうち2つについての感想を記します。

 

①授業の中心課題にどうつなげるか。

 これはあっという間でした。というのも、前時の最後に話題になっていたからです(見ていませんが)。そのため今日は昨日の続き・・・となっても子供の思考を阻害しなかったわけです。
 
 このことはなかなか面白いと思いました。私は社会科が専門です。社会科の場合は結構、単元を通した課題があったり、前の時間の学習のときに次の学習内容を子供が見通している場合があったりします。

 

 しかし算数の場合、単元を貫く課題はあまりないのではないでしょうか。むしろ前の時間とつながっていない場合も結構あるように思います。

 

 この日のような展開の良さはなんと言っても導入に時間をかけずにすむことです。たいていの授業の終末で時間がなくなるのは余計な導入をしているからと文科省の田村学視学官が仰っていました。その通りだと思います。算数の導入は結構時間がかかる場合があるので、こういう導入を算数でもやっていくべきだよねと思いました。

 

②本時の追究はどのように行われるか。

 

 漠然とした問いですが・・・。本時の問題をどう解決していくかということです。

 

 まず発言形態。ベースは挙手指名です。つぶやきもありますが、あまり田中先生は拾いませんでした。ときおりペアでの話し合いもありましたが、それほど多くないなという感じを受けます。何でもかでもペアというのは違うよねと最近思います。全体で確認をしたいときや発表の練習をしたいとき、意見をみんなが言いたくて仕方がないとき、などがペアの効果的な使い方でしょうか。

 

 さて、本時の課題を受け、田中先生は「昨日0、2の意味が全然違うということで終わった。まず、0、2の話を考えてみた?」と聞きます。このときに挙手したのは2人。片方に当てます。(今回は今までの田中先生の授業に比べて挙手している子供が少なかったように思う。その分、ときどき全員を立たせたり、手を挙げさせたりして全体を巻き込んでいかれていた。)

 

 するとその子は「(0、2の意味が)違う。」と言いました。続けて「どっちから見たかで変わっただけ。0、8と1はたとえば青が減ったり増えたりはしていないから1、2+1=1+0、8が=になっていない。」と答えます。なかなか鋭いことを言っているようですが、他の子供はぽかーん。

 

 ここから既に早速混乱が始まっていたように思います。田中先生は「どういうこと?」と尋ねます。次の子が「例えば~」とつなげて説明をします。しかし混乱が広がりました。

 

 途中、田中先生も苦笑い。ある子供が「1、2を分数にするとどうなるか?」と全体の子供に問いかけたとこときっかけに、流れは分数の話へ。分数の話の最中、ある子供が話す際に、田中先生は「全員手を挙げて。(説明が)分からなくなったら手をおろす。」と言いました。そうすることで、全員の分からない点はどこかを焦点化していました。この言い方がすごく勉強になりました。また、「全員起立、○○(子供の名前)が言ったことをノートに書くので分かったら座る。」と指示を出すことも。全員が参加するための手だてと言えましょう。 

 

 後半に黒板の図に書き込みをする子供が出て、解決に一気に向かい、授業終了。


 ただ、振り返ったとき、果たして何人が分かったと言えるか。私は心許ないなと感じました。割合の学習の難しさは具体的な操作活動が少ないせいもあり、抽象度が高いところにあると思います。この日の授業も同じです。赤と青の棒を1、2倍、0、8倍ではなく、例えば500円の1、2倍、0、8倍のように具体的数値を使った方が今回の場合はわかりやすいように思いました。赤を別の何か数字で置き換えるということなしに話し合ったからわかりにくかったのではないか、と。

 

 あとはやはり導入でしょうか。「(家で)考えてきた人?」という発問をなされましたが、結構リスキーですね。どんな意見が飛び出すか分かりませんので。導入はある程度そろえた方がすっきりと混乱なく進むと感じました。

 

 1時間の授業を参観しながら学ぶことは山ほどありました。上にもいくつか記した田中先生の言葉掛け、自分から黒板の前にたち説明を始める子供の姿、子供が関心を持っていないと感じたらすぐさま方針を捨てられたところなどなどです。

 

 しかしなんと言っても一番勉強になったのは子供の分からないにとことんまで付き合う、寄り添う」という教師の「在り方です。

 

 私の場合はどうしても正解へたどり着きたい思いが先行します。時間の問題はもちろんありますが、ここぞというときは、徹底的に子供の思考に付き合うことは必要だな、と。それが子供の声を聴くことですし、子供の学びとなるのだろうと思いました。田中先生の素晴らしさは深い教材理解や子供への対応力などだけでなく、むしろ教師としての「在り方」ではないかと考えます。

 

 あと、授業前に取り組んでいた割合カルタはとってもいいなと感じました。文渓堂さんのセミナーで私もやったことがあるのですが、割合の学習に最適ですね。

 

 その後、理科の佐々木先生の授業を参観しました。そちらはまた後日。

 

 他、備忘録的に心に残った言葉をまとめておきます。


・算数は人が最も臆病になる教科。
・他の教科(社会や国語)は現実を相手にしている。だからいろいろな答えもありうる。しかし算数の場合、5+4はどんな人に対しても9。
・形式は本人が便利だと思って使わないと意味がない。
・子供の発言を要約・解釈して教師が話してはならない。スピーカーの役目なら可。

 

 日本で授業がうまい人ランキングがあったとしたら、田中先生は間違いなく5本の指に入られるであろう方です。田中先生が定年退職されてしまうことは極めて残念ではありますが、これからも追い続けていきたいと思います。今回の授業も学びの宝庫でした。ありがとうございました。

理想的なサイクル

教師の仕事をする上で、理想的なサイクルは以下のようなものではないでしょうか。

 

セミナーの参加や読書、他の教師による授業の参観などの外的な刺激を通して、「学級経営や授業の理想のレベルが上がる」。

 

②自分の学級や授業を見つめる、振り返る。

 

③理想のレベルと自分の実態のギャップを知る。(たいていショックを受ける)

 

④どうすれば理想に近付けるのかを考え、試行錯誤する。

 

⑤理想のレベルに近付く。

 

⑥再び①に戻る。

 

自分も大したことはとても言えませんが、ありゃりゃと感じる学級経営をされる先生方は①がないように思います。本を読んだり、セミナーに参加したり、そこまでしなくとも同僚の先生方の授業を参観に行くこともあまり多くないのではないでしょうか。

 

すると、今の自分の現状を客観的に捉えることも難しくなります。そもそも理想像もイメージできないのかもしれません。

 

逆に優れた学級経営、授業をされる方は、この理想像がものすごく高いと思います。理想像が高いからこそ、それに向けて努力をし、結果優れた成果が生まれるのではないでしょうか。

 

常に過去最高の自分を更新したい。その思いを忘れず、今年も仕事に邁進していきます。

6年目にして初めて出合った感動

今日は3学期始業式。

 

感動したことがあります。

 

それは


子供たちの前に立つことがとても嬉しかったことです。


冬休みが終わってしまうという切なさもあったにはあったのですが、それを何もなかったかのようにさせてしまうほどでした。

 

子供の前で自然に笑顔になり、子供と冬休みの思い出を楽しく語らう。至福の時間でした。

 

教師という仕事はたくさん嫌なこともあるし、しんどいこともあるけれど、それでも教師という仕事はやはり素晴らしい、と。私も子供の底抜けの明るさに幸せを感じられるようになってきたのだなと感動したわけです。

 

「ショウほど素敵な商売はない」ではありませんが、「教師ほど素敵な商売はない」と思った瞬間でした。

 

講師経験を経て、正規採用になり3年。実は今日が本当の意味でのスタートだったのではないかと今、思っています。

授業公開の難しさ

「私は授業が好きだ。授業で勝負ができる教師になりたい。」

 

それが今の私の思いです。

 

授業力向上のための最も具体的かつ効果的な方法は、力のある人に授業を見て頂くことだと思います。

 

私は今、週に1回、授業を見て頂いています。御覧になるのは学年主任の先生のときもあれば、管理職の方々のときもあります。他学年の先生のときもあります。

 

これが相当難しいのです。

 

週に1回、授業を公開すること自体は簡単です。問題の1つは見て頂く人がいないということです。それぞれの先生方がそれぞれにお忙しいのです。

 

今年度の管理職の先生方は出張でいらっしゃらない日が非常に多いですし、他の先生方も空きコマなんてほとんどないのです。その中でピンポイントで「私の授業を見て頂けませんか?」とお願いするのはとても心苦しい。

 

さらに、このような「やってもやらなくてもいい活動」をするためには、普段の自分の分掌業務をきちんとしておく必要があります。そうしないと、「なぜやるべきことをやらずして、別のことばかりしているのだ!」ということになりかねません。

 

向山洋一氏が仰る黒帯六条件の1つである公開授業100回。これは授業を公開することだけではなく、その過程にある様々な障壁を乗り越える必要がある点もまた、高き峰のゆえんなのでしょう。

南惠介先生セミナーの学び

今日、千葉の教育サークル「スイッチオン」主催による南惠介先生のセミナーに行ってきました。

 

「スイッチオン」のセミナーには何度も参加をしています。毎回、上質なセミナーを運営してくださるサークルです。中心的なメンバーの方々のお人柄がまた素敵。遠く千葉のセミナーですが、年に2回ほど参加をしています。

 

さて、南先生と言えば岡山県の小学校の先生として活躍をされている方です。里山学級論を提唱されています。

 

今回のセミナーで一番の学びは何か。それは

「全体を見るマクロの目から 個を見るミクロの目へ」

です。

 

これまでの私は、圧倒的に前半の「全体を見るマクロの目」を意識した学級経営をしていました。そしてそれは今のところ、成功を収めています。

しかし、学校とはそもそも個を伸ばす場です。どんなに素晴らしい学級集団を築いても、最後は個人がどれだけ成長したかということに戻ると私は思います。

 

その視点が抜けていたな、と感じたのです。

 

全国の各種セミナーで、あるいは本で、対象にしているのは90%以上が「全体を見るマクロの目」についてです。

 

当たり前ですよね。一人一人について語るなんて、プライバシーの問題もあり、難しすぎますから。情報の共有ができないわけです。だから、どれだけセミナーに行き、本を読んでも、ミクロの目はなかなか身に付きません。

 

なぜこの言葉が私の琴線に触れたのかというと、まさに私の今の課題が個人の問題だからです。

 

例えば私のクラスにいる自己肯定感の低い子、忘れ物がどうしてもなくならない子、場面緘黙の子。

 

彼ら彼女らに私ができることを考えたとき、それは全体に対する一斉指導の改善ではないはずです。個人に対するアプローチの改善が正解でしょう。

 

そのためには何が必要か。それは南先生が仰っていた通り、

「子供を見ること」

に尽きると思います。

 

なぜその子はつまずくのか、どうすれば良いのか、どこを褒めればその子は意欲が湧くのか。全ては子供を見る目を鍛えることしかありません。

 

具体的に何をするか。

 

私は10月から、「毎日、全員を褒め、それを放課後に思い出す」という活動を行います。

思い出すためには意図的に行わなければなりません。そして褒めるためには全員を見る必要があります。

 

座席表も良いのですが、席替えをたびたびするので、名簿に書くのが良いでしょう。金先生のように、職員室に戻って来た5分くらいで書ききれるようになることが目標です。

 

頑張ります。