読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何で勝負するか

昨年、隣のクラスの学年主任の先生が言っていました。

 

『これからの教師は、自分がどんな強みで勝負していくか考えなければいけない。たとえば「A先生は図工を教えたらピカイチ」、「B先生は若さで勝負」、「C先生は特別支援教育のプロ」というようにね。』

 

去年の私のクラスは荒れていたので、その意味を考えるどころではありませんでした。

 

今振り返ると、実に金言です。

 

「公立小学校の教師」という枠で括れてしまえるような、金太郎飴みたいな教師にはなってはいけないよなあと思います。

 

自分の芯を作るというんでしょうかね。

 

今は目の前の仕事に精一杯で手一杯ですが、頭の中に刻み込んでおきたい言葉です。